お知らせ

2/24どぶろく祭りが行われました。

子どもたちをめった切りにする猩猩。

 

2月24日、長草天神社でどぶろく祭りが行われました。

室町時代より500年以上も続く伝統的なお祭りです。

 

 

 

 

式典前の練り歩き。

 

屋台の中を恐ろしい猩猩が歩き回ります。

 

どぶろくのふるまい。

白い液体で、酸っぱかったです。

 

盃。

 

また来年もこうしてどぶろく祭りに参加できたら良いです。

 

3/3あいち健康プラザでひなまつりを開催します!

どぶろくまつり

2月24日(日)、長草天神社でどぶろくまつりが開催されます。

 

10:30~式典

11:00頃~猩猩が境内を走り回る

12:00~14:00お神酒のふるまい(200円)

15:00~15:30投げ餅

16:00~区役員で挙行の儀式

 

注)駐車場はありません!

    JR共和駅より約45分おきに無料シャトルバスが出ます。

移動販売を行います

春告げ草

2月11日、観光協会会長の御言葉とともに盆梅展が幕あけました。

 

 

苔むした

古木に凛と

梅一輪

恒例となりました、議長の一句です。

 

 

県議会議員さんをはじめ多くの方にご出席していただきました。

 

 

 

 

 

この日は、大府中央通商店街振興組合の皆さんによる甘酒のふるまいも行われ、あたたまることが出来ました。

 

 

また、ことね会の皆さんによる箏・尺八の演奏が行われ、目・耳・鼻などいろんな感覚をつかって盆梅展を楽しむことが出来ました。

 

 

他に、お土産の販売・盆栽の販売も行われております。

 

 

日本盆栽協会東知多支部代表の小澤氏には、盆梅を見る際の5つのポイントを教えていただきました。

・古木

・樹形

・花

・香り

・席飾り

 

同じ「見る」という行為でも様々な知識を持って見ると、また違って見えるかもしれませんね。

 

盆梅は生きています。

盆梅展は一週間開催されますが、毎日変わりゆく盆梅を見ることができるため、毎日違う盆の模様が織りなされています。

ぜひ、1度といわず2度3度と足を運んでみてください。

樹齢約250年の梅

2月11日から開催される盆梅展。

 

約70鉢の梅が展示されます。

なかには、樹齢約250年のものも。

250年前…。1763年。

wikipediaによると、小林一茶が生まれた年だそう。

俳諧師、小林一茶。

俳諧から川柳と俳句に分岐し、今日に至ります。

現代では、川柳と俳句の違いは曖昧になっているそうですが、あえて言うならば川柳は人事を対象に、俳句は自然を対象に切り取っているのだそう。

盆梅展では、川柳の展示も行います。

どんな気持ちでどんなことが詠われているのかいるのか、ひとつひとつの川柳に思いを馳せたいですね。

さまざまな文化交流の場となる盆梅展。

是非お越しください!

 

 

 

 

 

40 ページ中 16 ページ目を表示 « First...101415161718203040...Last »